会社設立納税証明

会社設立01

会社設立ではたくさんの書類が必要になります。
このような公的手続きでは納税証明が必要になることもありますよね。
会社設立納税証明は必要なのかご紹介しましょう。

会社を作るために納税証明が必要かというと、これは必ずしも必要ではありません。
特定の業種の会社を作るためには、その許可をもらうために納税証明が必要になるケースもあるのですが、そのようなケースに当てはまらなければ、特にこのような書類は必要ないのです。

会社設立のために必要なこれら添付書類といえば、たとえば印鑑証明書が必ず必要になります。
誰の印鑑証明書かというと、発起人や取締役の書類が必要なのです。
これらに当てはまる方は事前に自分の実印を登録しておき、会社設立の手続きの前には自分の印鑑証明書を用意しておく必要があります。
これがないと会社設立の手続きは非常に難しくなりますから、必ず用意しておきたい必須の書類となります。

では納税証明はどうかというと、どんなケースでも必ず用意すべき必須の書類にはなっていないわけです。
発起人や取締役になる方などの納税証明は特に必要ありませんから、事前に用意しておくといった必要はありませんし、このときに未納の事実などが明らかになって困らないよう、それらを清算しておくといった必要もありません。

そのため納税証明なしで会社設立できることも多いでしょう。
ただ、納税証明は対象者の信頼性を証明するために求められることもあります。
もしこれを求められたときに困らないよう、用意する方法も知っておくといいでしょう。

納税証明とはそもそも何かといったら、これは対象者の納税について各種の証明をする書類になります。
書類の種類はいくつかあり、納付すべき税額や納付した税額・未納税額等を証明する書類もあれば、所得金額の証明をする書類もあります。
同じ納税証明でもそれぞれの種類ごとに証明する内容が微妙に変わりますから、もしこれを必要とするときはどんな納税証明が必要なのかを事前によく確認しておくといいでしょう。

このような書類が必要となる場合、そもそも自分に課せられる税金に未納分がある場合、それは速やかに清算しておくことが大事です。
未納金額があるときに証明書を取るとその事実が載ることが多く、そのような証明書を提出すると責任を果たしていない方ということであまりいい評価にならないことが多いのです。
会社設立納税証明は必須の書類ではありませんが、いつ、どのような場面で必要になるかはわかりません。
もしこれを出しても問題ない状態にはしておくと安心です。