会社設立するには定款認証のほか法人口座開設も

会社設立

会社設立するのなら、法人会社の形態、設立の目的や資本金額、商号、役員の構成など、様々なことを決めて書類にまとめる必要があります。
また、会社設立の発起人と会社の法律ともいわれる定款を作成して、公証人役場で定款認証をしてもらうことになるのです。

そして、その他の会社設立登記に必要となる書類を準備したら設立登記を申請します。
会社設立登記が完了したら登記事項証明書を取得した上で、会社名義の法人口座を作って、税務署に会社設立の届け出を提出すれば一連の手続きは完了です。
ちなみに、定款が受理されると用意した3通の定款のうち1通が原本として公証人役場に保管されて、残りの2通は謄本という朱印が押されます。
その1通は法務局で会社登記をする時に使用しますし、もう1通は保存用となって会社名義の銀行口座を開設する時などに必要することになるので大切に保管しておく必要があるのです。

会社設立に伴って会社名義の銀行口座を開設する時には登記簿謄本が必要になって、登記簿謄本は会社設立日から約1~2週間後に取得できるようになります。
また、法人口座の開設は個人の銀行口座開設と違って審査があって、その審査に約1~2週間程度の時間がかかるので、会社設立から約3~4週間程度の期間が口座開設には必要になるのです。
ですからスケジュールをしっかりと管理して、法人口座開設の手続きについては、時間の余裕を持って実施していく必要があります。
会社設立をして会社名義の銀行口座を開設する時に必要となる資料としては、口座開設依頼書・登記簿謄本・公証人役場で認証を受けた定款などがあるのです。
また、法務局から交付を受けた代表取締役の印鑑証明書・法務局へ届け出た代表印・銀行印に使用する印鑑・本人の身分証明書なども必要になります。

ただ、先にも触れましたが法人口座の開設は審査があって、それは法人名義の口座を利用した振込詐欺などが横行しているのが原因です。
ですから、事前に法人口座開設が断られ原因を知って、その対策をしっかりと実施して、スムーズに法人口座が準備できるようにする必要があります。
資本金額が低すぎると口座開設が断られるリスクが増えるので、事業を展開する上で最低限必要な資本金額を確保する必要があるのです。

また、バーチャルオフィスや固定電話がないなど事務所の実態が不明というのも、口座開設を断られる確率が高くなるので、事務所の実態をしっかりと整えておくことが必要になります。
それから事業内容や会社の事業目的が不明瞭だったり不適切だったりする場合も、口座開設を断られる可能性があるので注意が必要です。

会社設立時の定款認証などの相談

定款の作成、定款認証、資本金払込み、法人登記申請、株式会社を設立するまでには、これだけの手順をこなさなくてはなりません。
とても大変なことです。
しかし、法務局で登記申請して終わりではありません。
会社設立後も税務署や年金事務所、労働基準監督署、公共職業安定所、健康保険組合などに設立届を提出して回る必要もあります。
金融機関で法人口座を開設する必要もありますよね。
続きを読む →

会社設立の定款認証と資本金払込み

株式会社設立時、定款認証とほぼ同時進行で考えなければならないのが、資本金の払い込みです。
しかし、ここでつまずく人は意外と多いですよね。
なぜ多くの人がつまずいてしまうのか、その理由の一つとなるのが、定款認証と資本金払込みの順序についてです。
続きを読む →

会社設立の定款認証と委任状

会社設立時に定款認証を受ける際には、いろいろと必要書類が多そうで構えてしまう人も多いでしょう。
しかし、定款認証で必ず必要となる書類は、定款そのものと発起人全員分の印鑑証明書のみです。
もちろん諸費用は必ず発生しますが、書類と呼べるもので必ず必要となるのはこの2種類のみとなっています。
原則的にはこの2種類の書類だけで良いのですが、実際に定款認証を行う際にはもう一つ、多くのケースで実質的に必須となる書類があります。
それは「委任状」です。
続きを読む →

会社設立と定款認証の流れ

会社設立する場合、それがどのような形態のどのような業種の会社であれ、法人を設立である以上は定款を法務局に提出して会社登記する必要がありますよね。
個人事業主が法人化して合同会社になる場合でも、出資を募り株式会社を設立する場合でも、そこは変わりません。
しかし合名会社や合資会社、合同会社などの持分会社でない場合には、定款を法務局に提出する前に定款認証をしてもらう必要があります。
つまり、株式会社や一般社団法人として会社設立する場合には、公証役場で定款認証を受けてから法務局へ提出し会社登記、といった流れになるのです。
続きを読む →

会社設立時の定款認証と必要書類

いわゆる持分会社以外の会社設立、つまり株式会社などを設立する場合、公証役場で定款認証を受けることが義務付けられています。
業種によっては会社の形態に関わらず、定款認証が必須となっている場合もありますよね。
しかし実際に公証役場で定款認証を受ける際には、どのような書類が必要になり、それらはどのように入手すれば良いのでしょうか?
続きを読む →

会社設立の定款認証は公証役場で

会社設立をする場合、必ず必要になるのが定款の提出です。
定款を法務局に提出しなければ、脱税行為になる可能性もあります。
合名会社、合資会社、合同会社といったいわるゆ持分会社の場合は提出のみで良いのですが、それ以外の会社、つまり株式会社や一般財団法人などを設立する場合、法務局への提出の前に「認証」を受ける必要があります。
この認証が定款認証です。
続きを読む →