会社設立の定款認証は公証役場で

会社設立をする場合、必ず必要になるのが定款の提出です。
定款を法務局に提出しなければ、脱税行為になる可能性もあります。
合名会社、合資会社、合同会社といったいわるゆ持分会社の場合は提出のみで良いのですが、それ以外の会社、つまり株式会社や一般財団法人などを設立する場合、法務局への提出の前に「認証」を受ける必要があります。
この認証が定款認証です。

定款認証は公証役場で公証人により認証されるものですが、そもそも公証役場とはどのような役場なのでしょうか?
今回は公証役場とは何か、どこにあるのか、と言った部分について解説します。

まず公証役場とは何か、についてですが、簡単に言うと官公庁、つまり市役所です。
ただし、全国の市区町村全ての役所や役場が公証役場なのではありません。
公証人が配置されている役所のみが、公証役場となります。
そして公証役場は、各県に数か所しか存在していません。
東京都のみ40以上の公証役場が存在していますが、これは例外で、基本的に各道府県に数か所、大阪、福岡、愛知などの大都市を擁する府県であっても、10か所前後となっています。

なぜ公証役場はこれほどに数が少ないのでしょうか?
答えは「公証人が少ないから」です。
公証人は全国に500人程度しか存在していないのです。
公証人は法律の知識のみならず、経験や公平性などが求められる職種です。
故に検事や判事などを長く務めた者が法務大臣から任命され、初めてその職に就くことが可能となります。
故に全国でも500人という非常に少ない職業になっており、必然的に公証役場も各県に数か所という数になってくるのです。

では実際、どの公証役場に足を運べば定款認証を受けられるのでしょうか?
答えは、「本社所在地を管轄する公証役場」です。
定款には必ず本社所在地を記載することになりますが、この住所を管轄する公証役場を調べ、そこに足を運ぶ必要があります。
定款認証の際には近隣の役所に問い合わせるなどして管轄する公証役場を教えてもらい、そこに足を運びましょう。