会社設立の定款認証にかかる費用

定款認証を公証役場で行う際には、いくつかの費用が発生します。
定款認証手数料として5万円、定款に張り付ける印紙の費用が4万円です。
これが公証役場で定款認証を受ける際に発生する費用となります。

さらに認証を受けた後、法務局に定款を提出する際にも費用が発生します。
登記申請の際に登録免許税として15万円以上、これは資本金が高額であればさらに高くなります。
15万円というのは最低金額です。
つまり会社設立の際の定款に関わる費用は、定款認証手数料5万円、印紙費用4万円、登録免許税15万円、これらを全てたした合計24万円以上となるのです。

さらに細かく言えば、印鑑証明書や登記簿謄本、謄本交付にもお金がかかります。
印鑑証明書に5百円、登記簿謄本が1千円、そして謄本交付料としておよそ2千円です。
ちなみに印鑑証明書や登記簿謄本は税務署にも提出しますし、銀行でも必要となりますので、必要枚数をいっぺんに取得しておくのがおすすめです。
謄本交付料の2千円はあくまでもおよその金額であり、定款の枚数によって変わってきます。

会社設立の際は何かとお金が必要ですので、これらの出費はかなり痛手になりますよね。
全て必要経費とはいえ、どうにか安く抑えたいと思う人が多いでしょう。
実は、これらの費用の中に、節約することが可能な項目が存在しています。
それが印紙代の4万円です。
定款を電子認証にすることで、印紙代の4万円が発生しなくなるのです。

電子認証は「電子定款」とも呼ばれており、紙ではなくインターネットを通して定款を認証してもらう方法になります。
自分で行おうとすると非常にハードルが高いので、業者に依頼するのが一般的です。
もちろん絶対に自分で行えない、というわけではないのですが、専門知識が求められますし、システムの構築に4万円以上の費用が発生してしまうこともありますので、あまりおすすめできません。
ちなみに業者に依頼すると2万円前後の費用が発生しますので、結果的に2万円前後の節約となります。
20万円以上の総額と比較すると微々たるもののように感じるかもしれませんが、会社設立は少しでも経費を節約するべきですので、電子認証はかなりおすすめの方法なのです。