会社設立と定款認証の流れ

会社設立する場合、それがどのような形態のどのような業種の会社であれ、法人を設立である以上は定款を法務局に提出して会社登記する必要がありますよね。
個人事業主が法人化して合同会社になる場合でも、出資を募り株式会社を設立する場合でも、そこは変わりません。
しかし合名会社や合資会社、合同会社などの持分会社でない場合には、定款を法務局に提出する前に定款認証をしてもらう必要があります。
つまり、株式会社や一般社団法人として会社設立する場合には、公証役場で定款認証を受けてから法務局へ提出し会社登記、といった流れになるのです。

定款認証から法務局への提出までの際の細かな流れとしては、まず定款を作成することに始まります。
定款は決められたフォーマットがあるわけではないので、インターネットで自分たちの事業形態に適した雛形を探し出し、それを利用するのがおすすめです。
ちなみに定款は必ず3通用意する必要があります。

最近は政府が電子認証を推進しているので、紙ではなくPDFデータで定款を作成し、インターネットの法務省オンライン申請システムを利用して認証を受けるのもおすすめです。
この場合、印紙代の4万円が削減可能となりますが、素人が全て行うのは難しいため業者に依頼する人が多いです。
業者への支払額は平均的に2万円程度なので、差し引いて2万円前後費用が節約可能となります。

次に本社所在地を管轄している公証役場を調べましょう。
定款に記載した本社所在地の役所に問い合わせると早いでしょう。
管轄の公証役場が判明したら、公証人のスケジュールや定款の内容に問題がないかをチェックしてもらうのがおすすめです。
後は公証役場に足を運ぶかインターネットを利用するかして定款認証を受けるだけです。
印鑑証明書など必要書類を用意し、認証を受けてください。

ちなみに電子認証を選んだ場合でも、本人確認や手数料の支払いなど電子化できない部分がありますので、必ず後日公証役場に出向く必要はあります。
定款認証が済むと、定款の1通が公証役場に保存され、もう一通が法務局への提出用となり、最後の一通が保存用となります。